めがねをネット購入するのなら

Pocket

メガネをネット購入するのならば、おすすめが2つあります。

このブランドのこれが欲しいと決まっているのならば

SmartBuyGlassesです。

なんかカッコいいのが欲しいな、ということであれば

JINS ネットショップです。

 

まずは、SmartBuyGlassesの紹介をしますね。

 

 



70,000点以上の商品と、Ray-Ban, Gucci, Maui Jim, Persolなど

180以上ブランドを取り扱っています。

お客様の平均購入価格は$250。

これって、海外の会社なの?と思いましたね。

その通り、ドイツ、イタリア、上海、香港、オーストラリア、アメリカ、カナダに展開しています。

世界を股にかけたSBG(SmartBuyGlasses)だからこそ、

最大の品揃えかつ最強の価格でお品をお届けしています。

しかも、いまなら50% OFF キャンペーン中です。

さて、度付きメガネをどうやってオーダーするのでしょうか。

 

 

 

まずは、スタイルファインダーです。

これは、もう意中のフレームがある場合はスキップして良いです。

どういう感じのフレームをお探しですか?と

質問に答えていくことで、絞り込んでいく、というものですね。

 

 

 

 

次は、いまや常識となった、バーチャル試着システムです!

自分の顔を取り込んで、メガネをかけた画像を確認してみる

というやつですね。

これなら、似合わなかった、なんてことはないですね。

 

 

 

そのあとは、処方箋の入力です。

こればっかりは、眼科医でデータ取ってきてください。

ネットショップの宿命ですね。

WEB上で視力測定はできませんので。

でも、それさえ眼科医でやってくれば、

フレームもレンズも最低価格保証されていますから

 

商品は海外から送られてきます

おそらく香港ですが、ものによってはそれ以外かもしれません。

 

もちろん返品保証も完璧です。

100日返品・2年保証です。

気に入ったフレームがあって、そのフレームの

メガネを安く手に入れる、というのであれば

最強なんじゃないですか。

 

 

 

 

 

では、もう一方のJINSです

 

では、もう一方のJINS です。

JINSブランドのもののみの扱いにはなりますが

デザインがカッコいいんで、

ブランドの指定がなければ、一回のぞいてみることをお勧めします。

こちらの、バーチャル試着は

 

人工知能によるWEB試着ですね。

操作方法は、まず自分の顔を写真に撮ってがら

画面上でその顔にメガネをかけさせてみます。

そして、お似合い度を何%かが診断されます。

これ、みんなでワイワイやって盛り上がるのもいいかも。

 

 

電子保証書

お次は電子保証書です。アプリでず

購入したメガネの保証書や、度数情報が管理できます。

スマホのアプリ内に保存できるというところがよいですね。

もし、破損しても、このアプリの保証書で

半年間、最大2回まで保証対応しますです。

これなら、保証書、無くしませんのでいいですね。

 

 

 

QRスキャン

JINSで気になるフレームを見つけたら

QRコードをアプリで読み込めば

商品情報がネットで確認できます。

さらに、気になるめがねのフレームは

お気に入りに登録すれば、いつでも

アプリで確認可能だそうです。

気になるなら、気にしちゃって、ってかんじですね。

 

マイレージ

アプリ内のコンテンツを利用することで

JINSマイルがたまり、ステージがアップすると、

クーポンが発行あります。

会員限定のお得なコンテンツ

使えそうですね。

 

 

 

 

さて、アプリ以外の情報もいくつか紹介します。

パソコン用メガネ「JINS SCREEN」

ブルーライトカット機能のあるレンズを使っています

25%カット 40%カット 子供用25%カットと選べます。

 

 

プロダクトデザイナー

Jasper Morrisonを起用も話題ですね

 

 

次は、乾燥対策の「JINS MOISTURE」す。

フレーム側面のタンクにスポイトで水を入れるってだけで、

眼のまわりを保湿。なんと強引な 笑

でもスクエアのフレームを採用したシャープな見栄え。

パソコンやスマートフンの画面を凝視する時間が増え、

まばたきの回数が減ってしまったり、

冷暖房で乾燥した空間ですごす時間が多かったら

私たちを取り巻く環境が眼の乾燥につながっていきます。

徹夜仕事にいいかもでね 笑

 

 

それに今度は、新たに医薬品販売事業へ参入だそうです。

医薬品販売サービス「ジンズ ドラッグプラス(JINS DRUG+)」

目薬とサプリメント12品目を展開。

医薬品の販売業許可を取得。薬剤師や登録販売者を常駐させて

眼に関する専門的な相談に対応できるお客様相談窓口も設置で

各医薬品に対し“花粉”“ドライアイ”などのテーマがあります。

関連するメガネの提案ももちろんおこないます。

もう、どうなっちゃうんでしょうね。快進撃がとまりません。

JINSは、リーズナブルなメガネのブランドだと思っていたら

ドンドン多角化していっているんね。

 

ちょっとネットショップのぞいてみませんか?

意外な発見があるかもしれませよ。

こちらをクリッ ク↓↓

 

 

わたしは、日本で店舗でも対応してもらえるのでJINSかな。

でも、2つ目以降のメガネなら、SBGもいいかも。

SBGはこちら↓↓


あなたはどちらですか?

Pocket

The following two tabs change content below.

hirochang

バン ド・DJやっていまして本業はエンジニアです。楽器メーカーにいました・・ いろんなノウハウを勉強してきましたのでその経験からの、自分の視点のブログを書いてゆきます。 もちろん音楽系の話題も得意です。昔とった何とかで、エレキギターの修理調整の副業も今でもやっていますから。 知っていることはなんでも教えますよ! コメント待っています!

最新記事 by hirochang (全て見る)

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ