コピー記事と疑われないために

本編158P

 

ブログランキングに参加しています

クリックお願いしますね。

 

 

コピー記事と疑われないために

 

リライト記事をチェック(自分の書いた記事)

リライト記事と使う場合は

少なくないと思います。

元の記事を書き換えて

自分の記事として使う場合です

しかし、Googleにコピー記事認定されると、

SEO的にはマイナスです

いったん作った記事を

チェックする方法あります。

こぴらん というサイトです

http://copyrun.net

自分で書いたリライト記事を

ここに貼り付けると

Google先生にどう判断されるか

予想を提示してくれます。

そのほかにも下記サイトもあります

 

Copy Contents Ditector

コピペリン

クラウドワークス コピーコンテンツチェックサイト

ランサーズ コピーコンテンツチェックサイト

 

 

コピーされていないか

(現在は使用できません)

自分の記事が人に盗まれていないか

という観点でのチェックです

これは、Wordpressのプラグイン

通称CCCと言われる

Check Copy Contentsがありました。

サイトのどの部分がコピーされたのか、

いつ、どのIPアドレスで取得されたのか

などの情報をメールで通知してくれる

プラグインです。

コピー防止の機能はなく、

ただ通知で知るだけなのですが、

管理者にどの部分をコピーされたのか

意識することは、

今後の制作上も役に立つ上でもあり、

様々な目的で利用されています。

しかし、2019年4月配布終了されました

残念ですね

 

 

続きがあります

こういったやりかた、最新のものです。

昔のマニュアルでは紹介されていません

関連記事はこちらです

http://alembicomega.com/archives/2476

 

↓↓おすすめマニュアルはこちら

【お悩みコンテンツアフィリエイト】情報教材で1,000万

 

 

メルマガの紹介

こういった情報や稼ぐ情報を

配信するメルマガがあります

あなたも最新情報をゲットしませんか

下記のフォームに記入して「確定」を

クリックしてください。

↓↓LINE配信はこちらをクリックです

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

管理人




ネットビジネス黎明期からのベテランです。 アフィリ・中国転売など実績多数。 いまは別の手法を広げる資金集めで、 稼ぐルートを広げ中です。 私についてきて下さい!

このページの先頭へ