10年文章塾 実績やエピソードがなくても 優良教材

Pocket

情報商材ブログランキングに参加しています。
まずはバナーをクリックおねがいします
今回は、こちら

10年文章術

販売者名 比嘉晃司
住所 神奈川県川崎市麻生区虹ヶ丘3-3-1
電話番号 044-988-8859
メールアドレス info@w-plusweb.net
販売URL 

10年文章塾

お支払い方法 クレジットカード
販売価格 月額9800円 (税込)

10年文章術

 

 

今までの文章塾、ブログコンサルの多くは
「どんな文章が下手な人でもスラスラ書けるようになる」
がキャッチフレーズでした。

しかし多くの方はセミナーや書籍を通じ、
かなり高度なスキルを取得しています。

では何が足りないのか?それは、

「実績」「エピソード」

これではないでしょうか?

だとしたら、

「どんな平凡な人でも読まれる文章がスラスラ書けるようになる」

そんなコンセプトで始めたのが、この10年文章塾です。



10年文章塾

 

 

【オンライン指導の10年文章塾】

「ブログが続かない、を解決するために」

多くの人はブログが続かない、といいます。

あるいはメルマガでもいいのですが。

「続けられない理由は何でしょうか?」

おそらく多くの方は、

「どうせ読んでもらえない」
「実際に読んでもらえなかった」

そのような理由だと思われます。

「ブログセミナーに参加したらセミナー講師から直々にオファーが」
「ブログを書いていたら突然、出版社からオファーが」

そんな期待をつい、抱いてしまう。

しかし実際はそうはいかない。

アクセス解析を見たところ、ほとんど誰も見ていない。

そして「無力感」を覚え、いつの間にかフェードアウトしてしまう。



10年文章塾

 

 

【テーマは平凡な内容でOK】

「週1回マクドナルドでコーヒーを飲むだけ」

たったこれだけでブログ10年分のネタは確保出来ます。

「そんなの無理に決まってるだろ」

そう思われる方も多いかもしれません。

このように思われる方もいらっしゃるかもしれません。

「ブログを書く「だけ」なら簡単なんだよ。

でもそんなブログ一体誰が読むんだ?」

ブログを書いた経験のある方であれば、

こちらの考えの方の方が多いかもしれません。



10年文章塾

 

 

 

論より証拠です。

実際に

「週1回マクドナルドでコーヒーを飲むだけ」のブログを

書いてみるとしましょう。

・毎週水曜日の朝8時頃、通勤途中の駅にある

マクドナルドでコーヒーを飲む。

そしてその内容をブログに記す。

そのような想定で考えてみてください。

最初にブログを書こうと思った日が火曜日だとします。

そして翌日、普段通りに出勤し、

予定通りの時間にマクドナルドに入店できたとします。

コーヒー(もしくは朝マックのセット)を頼み、その写真を撮る。

そして「任務完了」の内容をブログに記す。非常に簡単な内容です。

「何だ、簡単じゃないか!」
「こんなありきたりのブログ、誰も見ないだろ」

では翌週はどうでしょうか?通常通り。内容も一緒。

「やっぱり簡単じゃないか!」
「本当に大丈夫か?」
「やっぱり意味ないんじゃないのか?」

そして翌々週…

「前日に面白い動画を見つけてしまい、夜更かししてしまった」
「マクドナルドなんかに寄り道してるどころじゃない」

これで「挫折」です…つまり「ゲームオーバー」。

「どうすんだよ!」

…ハイ、そうですね。「どうすんだよ!」です。

「決められた日、時間帯にマクドナルドでコーヒーを飲む」

たったそれだけの作業です。しかしそれが実は、

「出来そうで出来ない」

実は読者が読みたい内容はといいますと、

「なぜそんなことが出来ないのか?」

ココ、なんです。

「面白い動画を見つけてしまい、夜更かししてしまった」

その内容が読み手から見ると「面白い」のです。

余談ですが読者の中にはこのような反応を

されるかたもいらっしゃるのではないでしょうか?



10年文章塾

 

 

「寝る間も惜しんで動画を見るなんて信じられない」

TVの深夜番組を見ていたらつい、

遅い時間になってしまったって経験はありますね。

そういう感覚がインターネットの動画、

それも個人が配信した動画で起こり得る。

これを理解できない方は実際に存在します。

いわば「感覚の違い」です。

では気を取り直して翌週、マクドナルドへ行きましょう。

「翌週はOK」

読者は半分うれしく、半分「がっかり」です。

「今週は行けたのか。よかった、よかった」
「何だ、夜更かししなかったのか?」
「別の失敗事例はないのか?」

そしてまた翌週…

「仕事でお客様からクレームがあった」

早朝から対応に追われるはめに。

「なんでよりによってこんな日に…」

ここに読み手との「共感」が生まれます。

「分かる。ホント、何で「よりによって」なんだよな」
「狙ってるとしか思えませんよね」

さらに翌週…無事「任務完了」。

そしてさらに翌週…大雪で電車がストップ。

如何でしょうか?

「たかが週1回。マクドナルドでコーヒーを飲むだけ」

たったそれだけでもブログのネタは

思ったより豊富にあると思いませんか?

ちなみに、ここに登場する人物は「ごく普通の人」です。

「年収○倍アップ」
「トップセールス」
「元暴走族。現在は年商〇億円のカリスマ社長」
「ハーバード卒、マッキンゼー出身。「仕事術」のセミナー講師」
「壮絶な虐待を乗り越え、現在はカウンセラーとして活躍中」

そんな話は全く登場しません。



10年文章塾

 

 

 登場するのは、どこにでもいるごく平凡な人。

そして、

「明日からやろうと思えば誰でも出来る内容」

です。

多くの文章塾、あるいはブログセミナーではこのように言われます。

「(文章を読まれたければ)実績をアピールしてください」と。

しかしそんな上記のような実績。例えば

「すごい収入」「すごい過去」。そんなものがあれば苦労しない。

そもそもセミナーなんかにわざわざ参加し、

一生懸命自分自身を売り込む必要がない。

そうではないでしょうか?

多くの文章塾、ブログセミナーではこういったことを教えます。

「どんな文章が苦手な人でもスラスラ文章が書けるようになる」

実績は申し分ない、それをうまく文章にするのが苦手だ…

「年収○倍アップ」
「トップセールス」

そんな特別な実績や肩書のある方で、

単に文章が苦手で多くの人に伝わってない…

彼らはそのような人を指導したいのでしょうか?

「海外の有名大学を経て、エリートが集まる外資系企業で活躍した」

そんな人が「国語能力が低い」「文章が書けない」なんて、まずありません。

「既に成功なり実績を出している人で、文章が苦手な人を指導したい」

これがセミナー講師にとって「理想の受講生」です。



10年文章塾

 

 

 だとしたら多くのブログセミナー等は誰のため?

「ダイヤの原石を磨くことは得意だ」
「石ころを磨いても意味がない」

これは指導とは言いません。単なる手柄の横取りです。

ハッキリ言います。

「ブログが書けない」という方の多くは

文章がそれほど苦手でもない。

「文章が苦手でもないにもかかわらずブログが書けない」

その理由はといいますと、

「積極的にアピールできるような実績や肩書がない」

これが理由だからです。

だとすれば…10年文章塾では

「実績や肩書はすごいけど、文章が下手な人」。

このような人に対して、

「文章が下手な人でも上手い文章がスラスラ書ける方法」

そのような指導は…しません。

なぜなら「必要ない」からです。

10年文章塾では、多くの方が必要としている事。

「どんな平凡な人でも「読まれる」文章がスラスラ書ける方法」

これを指導致します。



10年文章塾

**HIROCHANG セミナーは募集再開しております。
レビューサイトアフィリエイトの塾です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
※あなたもネットビジネスで稼ぎましょう※
ネットビジネス初心者向けの優しいセミナーです。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
在宅で月収数十万円のノウハウをあなたも取得しましょう!!
ここをクリックです。

Pocket

The following two tabs change content below.

hirochang

バン ド・DJやっていまして本業はエンジニアです。楽器メーカーにいました・・ いろんなノウハウを勉強してきましたのでその経験からの、自分の視点のブログを書いてゆきます。 もちろん音楽系の話題も得意です。昔とった何とかで、エレキギターの修理調整の副業も今でもやっていますから。 知っていることはなんでも教えますよ! コメント待っています!

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このページの先頭へ