Google広告の形式について

Pocket

こちらも協力ポチっとお願いしますね。

今回は、Google広告の形式について です。

前回の記事はこちら

PPCをGoogleに切り替え その後

 

Google広告のキーワードについて

google広告で運用を開始して2週間以上経ちましたが

現状ではヤフースポンサードサーチと同じことをできる

環境を整えた、というところです。

しかし、google広告ならではの機能というのがあります。

広告の改善の提案として連絡がきます。

特にgoogle広告にログインすると、提案が来ています。

最初は、キーワードが重複しているという連絡が多く来て

面くらいましたがもう慣れました。

なにが起こっていたかというと

今までヤフーでは、同じキーワードを

日本語フォントでのアルファベット表記

普通のアルファベット表記

カタカナ表記 ひらがな表記 など

何種類か登録していましたが、

googleではその必要がなく、重複キーワードとして

削除勧告がきます。

もう慣れました。ある意味便利ですね。今では

これはどうかな?と思ったら登録してみて

重複ですと言われたら削除する といった使い方をしています。

 

 

Google広告での広告形式について

オプションがあります。列挙します

  • サイトリンク表示オプション(Yahoo!クイックリンクオプション)
  • 電話番号表示オプション(Yahoo!電話番号オプション)
  • コールアウト表示オプション(Yahoo!テキスト補足オプション)
  • アプリリンク表示オプション
  • レビュー表示オプション
  • 住所表示オプション
  • 構造化スニペット表示オプション

それぞれどんなものか解説していきます。

 

1.サイトリンク表示オプション

(アフィリエイトでの使用の場合は工夫が必要です。)

通常の広告のURLに加えて、
サイト内の別のページへのリンクを表示する機能です

広告文のあとに、短い広告文を入れて、

その文章がクリックされたら、直接そのページに飛びます。

たとえば”予約ページはこちら”としておいて

トップページには飛ばずに直接予約ページに飛ぶとか。

アフィリエイトで使用する場合は、

クッションページを挟みますので、

それ用のクッションページの用意が必要ということですね。

予約はこちら、という文章だったら、

”予約ページはこちら”というクッションページを

はさむことになります。

ケースバイケースですね。

ランディングページが1枚の場合は利用出来ませんが、

複数ページ存在する商材では、

有効活用出来る可能性があります。

 

2.電話番号表示オプション

電話番号表示オプションとは、広告文といっしょに

電話番号が表示される機能になります。

しかし、アフィリエイトで使っている場合は

電話されちゃったら成果になりませんので

この機能は使いません。

 

3.コールアウト表示オプション

コールアウト表示オプションとは、

通常の広告文の下に

サービスの特徴・情報などの簡単な説明を記載する機能です。

長くても10文字くらいですね

只今セール中 とか 残りわずか とか

その10文字の文には、リンクは設定できません。

広告文全体のリンクになります。

広告文にプラスアルファとして

「ワンポイント」記載したい商材にオススメです。

 

 

4.アプリリンク表示オプション

通常の広告のURLとは別に、

アプリダウンロードページURLの遷移先を載せる機能です。

最初からダウンロードを目的としたユーザーを逃さず、

「アプリも利用出来る」という宣伝ができます

アフィリ用にはどうでしょう?

もし有効な場合があれば、くらいですかね。

 

 

5.レビュー表示オプション

サイドパーティーサイト(開発・販売元とは関連のないサイト)にある評価を

広告として表示させる機能です。

これもアフィリ用にはどうでしょうか。

アフィリエイターが自分で作ったページを用意するのであれば

アリだと思います。

  • 飲食店や美容室などの口コミが有効な案件 
  • 他社のサービスと差別化したい商材

これらに有効ですね

 

6.住所表示オプション

これもアフィリには向きません。

広告と一緒に住所が表示される機能です。

住所を表示させるには、

「Googleマイビジネスアカウント」で登録する必要があります。
店舗、サロンなどに向いていますが、
住所をクリックするとサイトではなく地図が表示される為、

一度サイトを見ないと分からない商材などには向きません

 

7.構造化スニペット表示オプション

広告文の下に簡単なテキストで情報を載せる機能です。

コールアウト表示オプションと似ていますが、

AdWordsから用意されたヘッダーから、

テーマに合ったテキストを選択して設定する機能です。

コールアウト表示オプションは独自のサービスをアピール出来ますが、

構造化スニペット表示オプションは情報を羅列して

出来るだけ多く紹介していくイメージです。

 

 

稼ぐためにはどのオプションを使うべきか

1.サイトリンク表示オプション(Yahoo!クイックリンクオプション)

3.コールアウト表示オプション(Yahoo!テキスト補足オプション)

5.レビュー表示オプション

7.構造化スニペット表示オプション

 

これらですね。中でも、中継のペラサイトを追加する必要があるのが

1.サイトリンク表示オプション(Yahoo!クイックリンクオプション)

5.レビュー表示オプション

 

そして同時に使えないのが、これらです。

3.コールアウト表示オプション(Yahoo!テキスト補足オプション)

7.構造化スニペット表示オプション

 

私だったら、

1.サイトリンク表示オプション(Yahoo!クイックリンクオプション)を

ペラサイトではなくて、アフィリサイトを宣伝するのに使います。

たとえば、ダイエットサイトがあったとして、

広告全体ではサイト全体へのリンクを埋めておいて

オプションを使って、サイトにある各ページにリンクします。

ファスティングだったり、 エクササイズだったり

食事法だったり サプリメントだったり ですね。

 

3.コールアウト表示オプション(Yahoo!テキスト補足オプション)は

只今セール中 とか、期間限定情報を告知するのに使います

 

5.レビュー表示オプションは、あまり使わないかな?

アイディアがわいてくれば使うかも、です。

 

7.構造化スニペット表示オプションはいちばん使うかもです。

でも、文面というか単語というか、用意されているものが

ピッタリこなければ、無理にでも

3.コールアウト表示オプション(Yahoo!テキスト補足オプション)

に切り替えます

 

これらは、私の場合ですが、もちろん合わせなくてもいいです

自分のアイディアでいろいろやってみましょう。

 

 

 

オプトインアフィリエイトのマニュアルプレゼントしています。
下記のフォームに記入して「確定」をクリックしください。

Click to Verify - This site has chosen an SSL Certificate to improve Web site security Click to Verify - This site has chosen an SSL Certificate to improve Web site security

 

↓↓こちらもクリックにお付き合いお願いしますね


Pocket

The following two tabs change content below.

hirochang

バン ド・DJやっていまして本業はエンジニアです。楽器メーカーにいました・・ いろんなノウハウを勉強してきましたのでその経験からの、自分の視点のブログを書いてゆきます。 もちろん音楽系の話題も得意です。昔とった何とかで、エレキギターの修理調整の副業も今でもやっていますから。 知っていることはなんでも教えますよ! コメント待っています!

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このページの先頭へ