Google広告 サイトリンクの設定方法

Pocket

こちらも協力ポチっとお願いしますね。

今回は、Google広告サイトリンクの設定方法 です。

前回の記事はこちら

Google広告の形式について

PPCをGoogleに切り替え その後

 

Google広告のオプションについて

これらのオプションがあります。

  • サイトリンク表示オプション(Yahoo!クイックリンクオプション)
  • 電話番号表示オプション(Yahoo!電話番号オプション)
  • コールアウト表示オプション(Yahoo!テキスト補足オプション)
  • アプリリンク表示オプション
  • レビュー表示オプション
  • 住所表示オプション
  • 構造化スニペット表示オプション

この中でサイトリンク表示オプションが有用だという話をしていました

通常の広告のURLに加えて、
サイト内の別のページへのリンクを表示する機能です

広告文のあとに、短い広告文を入れて、

その文章がクリックされたら、直接そのページに飛びます。

たとえば”予約ページはこちら”としておいて

トップページには飛ばずに直接予約ページに飛ぶとか。

アフィリエイトで使用する場合は、

クッションページを挟みますので、

それ用のクッションページの用意が必要ということですね。

予約はこちら、という文章だったら、

”予約ページはこちら”というクッションページを

はさむことになります。

ケースバイケースですね。

ランディングページが1枚の場合は利用出来ませんが、

複数ページ存在する商材では、

有効活用出来る可能性があります。

と説明したところ、設定方法は?という

声が上がっておりますので、

設定方法を説明しますね

 

 

Google広告サイトリンクの設定方法

1.まず、Google広告の”すべてのキャンペーン”の表示画面を表示します。

ここはわかりますよね?

わからない方は、ググってみてくださいね。

2.左のメニューバーの ”広告と広告表示オプション”をクリック

3.上の ”広告表示オプション” をクリック

4.+ ボタンをクリックします。

サイトリンク表示オプションを選択します

5.追加先 の ▼ をクリックして、キャンペーンを選択

(1広告1キャンペーン単位で管理している場合です)

完了をクリックします

 

 

Google広告サイトリンクの設定方法 続き

こんな画面になりますね。

ここを埋めていきます。

説明文も1と2と両方埋めないといけませんね。

ページURLは、前回言ったように

それ用に作ったページを用意して

そのURLをいれていきます。

いったん、メインのURLをいれておいて

あとから差し替えてもいいですよ。

私の場合、メインのURLだけで構成している広告もあります。

あまり意味無いですけれど、他の方が出している

広告との差別化の役割はできるでしょう。

それでは今回はここまでですね。

 

 

 

オプトインアフィリエイトのマニュアルプレゼントしています。
下記のフォームに記入して「確定」をクリックしください。

Click to Verify - This site has chosen an SSL Certificate to improve Web site security Click to Verify - This site has chosen an SSL Certificate to improve Web site security

 

↓↓こちらもクリックにお付き合いお願いしますね


Pocket

The following two tabs change content below.

hirochang

バン ド・DJやっていまして本業はエンジニアです。楽器メーカーにいました・・ いろんなノウハウを勉強してきましたのでその経験からの、自分の視点のブログを書いてゆきます。 もちろん音楽系の話題も得意です。昔とった何とかで、エレキギターの修理調整の副業も今でもやっていますから。 知っていることはなんでも教えますよ! コメント待っています!

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このページの先頭へ